ロールスクリーンを購入するとき、どんなことに注意したらいい?

部屋をシンプルにまとめるアイテム

ロールスクリーンの魅力は、そのシンプルさにあります。薄くて場所も取らず、巻いておくだけで良いので手軽です。
ロールスクリーンを購入する時にはまず、サイズをチェックしておくことが大切です。基本的なサイズとしては、幅200cmの窓に対応しています。もちろん幅広タイプも販売されているため、大きな窓に一枚のロールスクリーンを使うのであれば幅広タイプを選択しましょう。
幅広タイプは270cmまで対応しているケースが大半です。自分が利用したい窓のサイズと合うかどうか、確認した上で購入を決めるようにしましょう。
また、透け具合などもある程度はチェックしておく方が良いでしょう。光をあてた状態で確認することが大切です。

数ある選択肢の中から選ぶ

ロールスクリーンは、タイプによって操作の方法も異なります。紐がついているものと、チェーンがついているものがありますのでデザイン性や操作の方法で選ぶと良いでしょう。スプリングの力で自動的にスクリーンが上がるタイプのものや、上げ下げを自分で調整できるタイプもあります。
紐がついているものはプルコード式になっており、チェーンがついたものはワンタッチ式とチェーンで上げ下げをする手動式に分かれています。
自分が使いやすいと感じるものを選択しましょう。
その他取り付けの方法なども知っておくようにしましょう。一般的にはビスを使って取り付けることが多くなりますが、突っ張り棒などが使えることもあります。部屋に取り付けられるかも合わせて確認しておきましょう。