スクリーンとブラインドって、違うものなの?

ロールスクリーンの特色

スクリーンと言えば映写用スクリーンをまず思い浮かべますが、窓のインテリアとしてのスクリーンなら、ロールスクリーンを意味します。ロールスクリーンは、樹脂加工された布がロール状に巻き取られていて、その巻取り軸の内部にコイル状のバネが組み込まれていて、巻取りの力を発揮するとともに、ストッパーの仕組みも別に組み込まれています。ロールスクリーンは、巻いた状態で窓枠の上部に設置しますが、スクリーンを下げるとスッキリとした平面になり、窓をシンプルに演出したい場合には最適のアイテムになります。なお、スクリーンの素材は一般的に樹脂加工された布ですが、木製のスダレを素材にしたものなど、変わった素材のものもあります。また、スクリーンに好みの図柄(業務用なら店名やロゴ)を特注でプリントできるものもあります。

横型または縦型ブラインドの特色

ブラインドは、ロールスクリーンと構造が全く違います。ブラインドは、横型と縦型との2種類があり、細長い羽根状のルーバーを並べることで、視線を遮り光量を調節できるようになっています。ブラインドなら、ロールスクリーンと違って、ルーバーの角度を変えることで、光量の調節ができる利点があります。もちろん、横型ならルーバーを上下に上げ下げし、縦型ならルーバーを左右に開閉することで、視線や光量の調節も可能です。機能性から言えば、ロールスクリーンよりブラインドの方が多彩になりますが、横型ブラインドは金属板の感触で、縦型ブラインドは樹脂シートの感触となり、ロールスクリーンの柔らかみのある布の感触とは大きく違うため、素材の特性を考えて使い分けると良いでしょう。

ブラインドの通販はサイズやデザイン、カラーも多種多様で自分の希望にあった商品を購入することができます。